CryptoCash AMA Questions

Cipher Core Project Marketing Consultant

Mark Davis

1. CryptoCashは完全な情報セキュリティのためにCipher技術を重要な強みに掲げています。情報の盗難、偽造、なりすまし、サイバー攻撃から守ることができると宣伝しています。しかし、これらはブロックチェーンが持っている長所と同じだと思います。 CIPHER技術の違いは何ですか?

ブロックチェーンが付いている最大の課題は、多機能だと思います。トランザクション速度、データの妥当性検査、51%の攻撃そしてさらに、データがまだ送信されており、傍受することができているという事実のようにサイファーコアは、データ傍受の危険を心配することなく、すぐにトランザクションを実行することができる技術を保有しているので、私を魅了しました。

ブロックチェーン財布の公開鍵と秘密鍵は、まだ危険です。そして盗まれたり傍受することもできます。私たちは、リモートシンクロナイゼイションを使用して多くの問題を解決し、以前に見られなかった新しいレベルのセキュリティを追加します。

ブロックチェーンとの基本的な目標は同じです。
ただし
技術の違いがあります。

ブロックチェーンでは、
暗号化技術を使用しているのではなく
ハッシュ関数を使用し

クリプトキャッシュでは、
関数ではなく
暗号化と復号化が可能な暗号化技術を使用しています。


最も大きな違いは、

仮想通貨の問題点である
暗号化キーを送信する際のハッキング問題である

クリプトキャッシュは
暗号化キーを送信しない
リモートシンクロナイゼイション技術を
世界初実現しました。

2. クリプトキャッシュは法定貨幣の実際の使用のために暗号化され、ビットコイン、イーサネットリウムなどの次世代暗号化通貨として知られています。これまで、仮想通貨は、構造の脆弱性と、様々な限界に問題が提起されてきました。クリプトキャッシュは、この問題をどのように解決か?

それはまるで、Twitterが今週に外部からではなく、ハッカーや内部の従業員から問題があったものと似ています。同じように、ほとんどのパスワード貨幣は創作者が制御する供給とアクセスに集中されます。これは脆弱性と悪用の可能性を生み出します。

ブロックチェーンの取引速度も最も強力な尺度になる場合はほとんどありません。セキュリティはようと思います。毎日1万件の取引が起こった場合。それは同時に、1万個の危険性があるということですからね。

送信されるデータや、移動中の通話が他の当事者がアクセスすることができないため、パスワード貨幣セキュリティは、そのようなリスクを排除します。

その技術は、取引の中核をほぼ瞬時に作成することができます。そして、リモート同期を使用して、すぐに実行され、暗号化は、目に見えない痕跡を作成します。つまり、送信者や受信者を追跡するために使用できることは何もありません。

クリプトキャッシュのシステムは、私が見た中で最も安全なシステムであり、通貨は当然のことながら、この程度のセキュリティを必要とします。

クリプトキャッシュの技術は、
法定貨幣にのみ適用することはありません。

今、韓国でも問題になっている
投票方式の問題点を解決しようと
米国保守連合と開発しています。

暗号貨幣(ブロックチェーン)の構造的な弱点である
   - 暗号化キーのハッキングの問題
    (量子コンピューティングによるハッシュハッキング)
   -  6つのブロック認証後の送信速度の問題
   - システムの安定性の問題
   - ブロックチェーンによる匿名性の問題

クリプトキャッシュは
文字通り現在のシステム
つまり現金での暗号化技術を加えたプラットフォーム事業です。

 1.暗号化キーのハッキングの問題は、
     - リモートシンクロナイゼーションで
       暗号化キーを送信しない方法の特許によっ      てハッキングの危険性を解決し
       この内容において
       2か月に一度、日本国会議員会館で発表をしています。
  
 2.送付速度の問題
     - 今使っているカードと銀行システムに
      リモートシンクロナイゼイションと
      Cipher core技術を使用して解決し
    - 次世代OTPである
     仮称Six paymentを実装して
     今年中にメインネットのテスト完了
     来年1月から空手キャッシュなどに連動されます。

3.システムの安定性の問題
   - 独自のシステムを使用するのではなく
    既存の銀行システムに
    OTPと暗号化技術をアップグレードすることです。

4.ブロックチェーンの匿名性問題
  - オープン帳簿を介して
    すべての取引のアドレスとの取引履歴が公開されていることを
    嫌う顧客がいます。

  - クリプトキャッシュは
   キャッシュの発行時に記名式と無記名式の発行が可能で
   既存の匿名性の問題を
   発行者の選択で解決することができます

3. 私たちは、クリプトキャッシュの収益構造が手数料からだと思います。暗号化には、いくつかの種類があり、それぞれ異なるベースを持っています。イーサネットリウム/トロン/ EOSなどは、ベースが違う、クリプトキャッシュでは、互換性はあるのですか?

クリプトキャッシュのような革命的な新技術があるとき、これ暗号貨幣とブロックチェーンのバージョン2.0を作成することと非常に似ています。だから、新しい解決策が必要なため、互換性に関することはありません。

数年の間によかったものもまだ集団の養子縁組を作り出せずにいます。キャスパーと他の層のプロトコルにもかかわらず、イーサネットリウムネットワークの不安定性とアイデンティティからです。あらゆる規模のプロジェクトが安全なソリューションのためにCryptoCashに頼って来るので、手数料は非常に合理的であり、解決策は非常に望ましいことになります。

さらに「クリプトキャッシュ」の「完全な暗号」技術を各分野の企業と共有し、これらからの特許・技術料などの利益を得ることができます。

一般的な仮想通貨と同様に
クリプトキャッシュの収益構造も似ています。
   - キャッシュ発行手数料
   - キャッシュ振り込み手数料
   - キャッシュ交換手数料
   - キャッシュ出金手数料

既存の仮想通貨の発行プラットフォームと
取引所の利益構造を同時に実現します。

また、
日本の競馬会と共同特許出現し、進行中の
日本の馬券に
バイヤーと購入時間、購入金額、購入方法な
暗号化して情報を入れる場合

特許使用料を受け取ることになります。

クリプトキャッシュは
完全暗号化技術です。

すべてのベースで動作するプラットフォームで
別契約後
ハッシュ関数を捨て
完全な暗号化技術のみを使用することも可能です。

つまり互換性です。

4. CryptoCashは、日本の議員会館での会議を進行したと聞きました。コロナのため今後のスケジュールが停止したと聞きましたが、現在の状況はどのように進行されるか知りたいですね。ホワイトペーパーでもホームページを見てもロードマップがないどのくらい進んでいるのか分からないです。プロジェクトの開発がどの段階に来たのか知りたいです。

現在は毎月原田議員が主催する日本の国会セミナーで暗号貨幣の研究と紹介議論が活発に行われています。JCU(日本の保守連合)の年次イベントでは、特別なセッションを介して「クリプトキャッシュ」の発表があり、保守団体の会員のためのデジタルマネーのリバティエコトークンを暗号技術を利用して開発することが公式決定しました。

この二つのイベントは、日本での「クリプトキャッシュ」の商用化を加速し、事業競争力を高め、産業別"クリプトキャッシュ」の最初の適用事例を発掘・先取りしながら、日本市場の独自性を生み出すでしょう。

このうち大部分は、各プロジェクトでの利害関係者のみ閲覧することができ、秘密ではないが、今ではプライベートです。

クリプトキャッシュの
日本の国会セミナーは、2019年2月に開催以降キャンセルとなったが

今週月曜日の
7月13日に日本のIT大臣である竹本大臣
原田義昭、川崎二郎国会議員(12当選)など
多数の国会議員らと
フォーラムを開催しました。

日本の特性上、
NDAすなわち秘密保持契約を重要視するため、
公式会社名スケジュールをお知らせしていないです。

現在オープンが可能なのは、
国際空手連盟の空手キャッシュ - 2020年1月に発表
リバティエコキャッシュ(保守政党ACU、JCU) - 2020年1月に発表

多数の企業一覧は
crypto-cash.appサイトで
関連企業に関する映像を見ることができます。

5. Cipher-core platformはクリプトキャッシュ技術を使用して発行するだけでなく、偽造の識別、取引、引出、財布機能などがそうです。クリプトキャッシュは国や機関に暗号貨幣を代わり発行し管理までしてくれるのでしょうか?主にどのような市場を攻略目標にしているのか気になります。

私たちは、JRA(Japan Racing Association)と共同特許出願、所有権紛争解決のための解決策を考え出すなど多数の企業とのNDAを保有しており、「クリプトキャッシュ」の導入を推進しています。

「クリプトキャッシュ」は、2021年末までに、次のようなロードマップがあります。

*メインネット2020年下半期完了
*空手キャッシュ、リバティエコキャッシュ、農業キャッシュ2021年上半期発売
* ACUのCPAC2021相談の2021年の後半の内部開発と適用終了すると、産業部門別の適用事例の開発と商品化は、現行NDA締結の産業部門別適用事例開発と実用化

すでにいくつかの分野で、多くのアプリケーションや使用事例が進行中です。

クリプトキャッシュの一般的な名称であり、
技術の名称は、サイファーコアと呼ばれています。

サイファーコア技術は、
CBDCに必要な偽造の識別、取引、引出、財布機能などを
すべて含まれています。

今国別CBDCの進行に
日本の技術であるため、
当然、この日本のCBDCが重点です。

その他の国も支援をしています。

しかし、現計画は
地域通貨とコミュニティ貨幣が優先であったし、
メインターゲットです。

日本の滋賀県コナン市など
いくつかの都市とNDAが締結されたが

日本のCBDC採用問題の関係で
地域通貨は、来年に延期された状況です。

しかし
サイファーコアの主なターゲットは、現金ではなく、
完全暗号化技術を利用した
企業との共同事業です。

6. 暗号貨幣プロジェクトの開発者の役割が非常に重要だと思います。プロジェクトの成否は、開発者の能力に応じて異なることができそうだと思う。クリプトキャッシュプロジェクトのチームメンバー情報が知りたいです。

「クリプトキャッシュ」のCEOと開発者から言わせていただきます。

現在尾立源幸(元財務長官、元日本国会議員)様がCEO、
開発者は、中村宇利(MIT卒業者、クリプトキャッシュの創設者、特許権者)です。この他にも二ヶ月に一回ずつ開かれる日本の国会セミナーで竹本IT大臣、原田義明議員など多数の国会議員が一緒に「クリプトキャッシュ」の研究と市場介入を推進しています。

アジアでCOVID-19事態が終盤に駆け上がっている中で、私たちはこれらの会議で、より多くの人々が、日本で集まることが予想であり、このような追加の集まりが韓国で開始され、シンガポール、インドネシア、フィリピンの順であると予想さしています。

優れた技術とマーケティングアドバイザーだけでなく、しっかりとしたコミュニティを構築することが重要だと思います。

主要メンバーのうち開発者は、
クリプトキャッシュの特許権者であり、発明者である
MIT出身の
中村宇利先生です。

2005年度から
特許を出願し
現在、200種類以上ものセキュリティ技術に関する特許を持っています。

その他
開発部門のチームなど、セキュリティの維持と
中国で人材を多くスカウトをして
人材防止のために
公開をせずにいます。

代表取締役は、
尾立先生
前日本財政部長官であり、国会議員出身です。

7. クリプトキャッシュの代表を見れば、素晴らしい有名著名人がたくさんいます。なぜウェブサイトのデザインが低品質で作られていますか?また、プロジェクトの初期資本金はいくらですか?事業規模は私に良い投資指標です。

暗号貨幣バブルブームの多くのプロジェクトが非常に迅速に行われて消えていきました。しかし、彼らは確かに素晴らしいウェブサイトを持っていました。また、すばらしい提案持っていまし。それはあまりにも良くて、実際に仕事ができない約束でした。

私たちの強みは、氷山の一角です。上部は少しキラキラきらびやか、90%以下は、良い基礎を築き、重要な活動を育てています。しかし、私たちは、「より良い」のウェブサイトの時が来れば素晴らしいサイトを計画中です

プロジェクトサイトの外的な姿は欺瞞的であることがありますが、競争相手が尋ねて来る時そう見えるかもしれません。
また、私たちのチームは、様々ですが、何人かは、パートタイムであり、他の何人かは、フルタイムです。

クリプトキャッシュは、データセキュリティの新しいパラダイムに向けて静かですが、強力な動きです。従って私達は私達にあまりにも多くの関心を持ち、前に今できる限り多くを成し遂げようとしています。

クリプトキャッシュのホームページの
デザインが低品質であるということは、
技術的な側面でなのか
色の側面なのか
情報的な側面なのか気になります。

クリプトキャッシュ
つまりサイファーコアは完全暗号化プロジェクトです。
だからデザイナーが含まれていないので
クオリティが落ちました。

しかし、現在では
サムスン電子とチョンジョンウォン、現代デパートなどをデザインした
極度の優れた韓国のデザイナーチームが参加したため
多くの部分が改善されました。

プロジェクトの初期資本金は
会社の財政経済性をおっしゃるようです

サイファーコアの
全世界の特許(200)の登録と出願費と
技術開発費だけでも
30億円以上の支出がありました

今はビジネスの進行に関連するすべての特許
登録および出願がされており

メインネットも準備中
現在最後のテストを実施しています。

基礎投資は完了しており
追加された投資額は
アップデートは、特許費用と
広報とマーケティングに使用されます

8. 仮想資産でみると、今日のテーマは、大量の適応だと思います。多くの人がそれを利用できるようにすることに焦点を当てています。パスワード貨幣問題の場合の概念が非常に困難である。個人がノードを構築したり、個々のOTP番号などを生成して、既存の投資家が理解しにくい構造です。このような部分をどのように促進して説得するでしょうか?ユーザーが簡単に使用できるツールがあるのか知りたいです。

私たちは、会員ベースの大規模な既存のコミュニティに焦点を当てています。そして技術を彼らが慣れて行動に統合することができる方法を見つけること。そして、それらに適応するように努力しています。新しいことを学ぶように強制しないことが重要です。

セキュリティは、すべてに共通の要求です。国際空手連盟が1億人の会員を持っていることは私達に良い出発点です。

技術との相互作用は、容易である必要があります。そして私達の分析と継続的な適応は、私たちの成長を助けるので、その成功は、新しい市場で新しく、より大規模なプロジェクトにつながる。

もちろん、代表的な政界の保守団体連合が使用するコイン、リバティエコキャッシュも「クリプトキャッシュ技術」を使用する予定です。もし私達が世界の政治家たちが安全な解決を信頼するようになれば、、我々の可能性に限界はないでしょう。

新しい技術が出た時は
難しいのが当たり前だと思われます。

最初にメールが出た時
インターネットバンキングが出た時
OTPは、最初出た時
携帯電話が初めて出た時
QRコードは、最初出た時

どれも難しいと思ったことは、技術の理論です。

しかし、技術は難しいにしても
今、その技術を使用していない人はいません。

国際連盟の空手から使用して始め
日本の大企業と進行をすることが示される場合
理論は知らなくても使用する部分では、
難しくないと見なされます

日本の国会フォーラム
米国CPACイベント
日本のJCUイベントなど

実際の実装をすることをお見せすれば
思うほど難しくない物だと自負しています。

今では、銀行からのOTPを受けて
インターネット上で入力して使用しますが

むしろ
サイファーコア技術は、
あらかじめ登録したアプリと携帯電話で
OTP番号を受け取らなくても
本人が発行して
送付と使用が可能です。

暗号貨幣でも
暗号化キーを使用していないので、
技術上ではとても難しいですが
ユーザーの立場では、
使用プロセスが今より簡単です。

9. DASHやCCはダークコインのように見えるが二つの違いは何ですか?そしてMCO、Pundiなどペイタイプのトークンより良い点がどのようなものがありますか?

私たちがすることは、ダークコインや匿名性、あるいは規制とルールからお金を離れてすることがありません。よりよい解決に関するものです。

「クリプトキャッシュ」は、法定貨幣だけでなく、地域通貨、個人貨幣、銀行OTPを代わる次世代ソリューション(仮称、SIX Payment)を実装することが目標です。

「クリプトキャッシュ」は、誰でも簡単で便利な貨幣を発行して利用できる公共の財産で構築されて元の通貨制度のより安全な金融環境と送金・両替などの利点を提供する予定です。

クリプトキャッシュの完全な暗号技術は、デジタルマネーなど金融業界にのみ適用されるものではなく、多数のIT企業とNDAを締結して、インターネットのハッキングに脅威となる情報の盗難、情報漏洩、なりすまし、サイバー攻撃などに備えています。私たちは、さまざまなセキュリティソリューションを開発しています。

クリプトキャッシュはコインではありません。
サイファーコア技術を提供するプラットフォームです。

これが最も大きな違いです。

仮想通貨(お金が目に見えない)ではない
実際の暗号化の通貨を作ることが
クリプトキャッシュの目的です。

安全かつ簡単に
ハッキングを心配しないように使用することが出来る技術です。

最も大きな違いは、
先んじて説明したとおりです。

暗号化キーを使用せずに
暗号化と復号化を適用することができる
リモート同期(Remote synchronization)技術

関数レベルの暗号化ではなく、
完全暗号化技術を使用しています。

10. CryptoCash のライバルは各国のCBDCと中国のDCEPと捉えればいいのでしょうか?

「クリプトキャッシュ」の1次目標はCBDCに適したプラットフォームを提供することです。ブロックチェーンの限界と問題点、処理速度の問題、ハッシュ関数の不安定性を克服しなければならない、安全で便利なCBDC実装が可能であり、唯一の解決策で「クリプトキャッシュ」が注目されているからです。

私は今の競争が問題にならないと思います。実際には、最善の解決策を持っているとき、私達がこの技術の必要性を持っている人と一緒にどのように迅速にそれを動作させることができるかどうかを示す事例になるからです。

私たちのすべては、私たちの貨幣が安全であると信じて権利があります。私たちのポケットにあるときや、他の人に送信するときに。そして、デジタルまたはfiatまたは両方の組み合わせは、まだ保護されます。

日本のCBDCに
クリプトキャッシュ(サイファーコア)が適用されるのは、
完全暗号化技術からです。

現在問題がCBDCに合わされており、
一次的な目的は、日本のCBDCが

ウェブ上で発生する
すべての情報について
暗号化復号化を実施する場合、

マルウェアなどのウイルスや
今日アップデートウォーターアカウントハッキング、
選挙での投票操作などができなくなります。

お客様の情報流出との紛争を防ぐことの技術です。

1次目標は
質問の回答が正しいです。
しかし、CBDCより
今NDAに非公開状態に進行している
馬券などのプロジェクトがより速いでしょう。

Copyrights(c) 2018.

Crypto Limited Group.

All Rights Reserved.

Contact Us

Crypto Limited.